睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の検査無呼吸症候群は治療できる症状です
昼間に眠くなる、目覚めが良くない、いびきがうるさいと言われる。こんな症状はありませんか。
睡眠時無呼吸症候群の症状

 

睡眠時無呼吸症候群とは
あなたは昼間に眠くなる、いびきが煩い、目覚めが良くないなどの症状はありませんか?

睡眠とは日中活動した脳や身体を十分に休息させるためのものです。

もし睡眠の最中に呼吸が止まる状況が何回も繰り返されたら、身体の中の酸素が減り、その酸素を補おうと、身体は心拍数を上げます。

その結果、寝ている本人は気付かなくても、脳や身体には大きな負担がかかっていることになります。睡眠により脳や身体を十分に休息させるはずが、断続的に覚睡した状態が続くのですから、日中の強い眠気や倦怠感、集中力の低下など様々な障害が生じてきます。


まずは睡眠時無呼吸症候群に当てはまる症状がある方は簡単なチェックシートを。
いびき以外にも、こんな症状はありませんか?下記のセルフチェックであなたは何個☑がありましたか?「ちょっと疲れているだけ」「いつもの事」で終わらせずに簡易検査を受けてみませんか。

寝ている間 起きた時 日中、起きている時

いびきをかく
いびきが止まり、次に大きな呼吸とともに再びいびきをかき始める
呼吸が止まる
呼吸が乱れ、息苦しさを感じる
むせる
何度も目覚めてトイレに行く
寝汗をかく

くちが乾いている
頭が重い、ズキズキする
熟睡感がない
目覚めがすっきりしない
身体が重いと感じる

強い眠気がある
怠さや倦怠感がある
集中力が続かない
いつも疲労感がある 

渡辺病院の睡眠時無呼吸症候群の検査
相馬郡新地町渡辺病院の睡眠時無呼吸症候群簡易検査SAS

『正しい睡眠』とれてますか?

特に風邪など、体調を崩していないのに倦怠感がある、身体の疲れが取れない。そんな日が続いていませんか?
それは『SAS(睡眠時無呼吸症候群)』かもしれません。日中の眠気や起床時の頭痛睡眠中の大きないびきや呼吸の一時停止などまた睡眠時間は十分なのに熟眠感が無いこれらの症状は『SAS』の可能性が考えられます。なかなか自覚症状が無い為、放置され易い病気ですが放っておくと様々な障害が引き起こされるので要注意!


SAS検査で陽性の方は
相馬郡新地町渡辺病院の睡眠時無呼吸症候群検査PSG

PSG検査でさらに詳しく検査

PSG睡眠時無呼吸検査はポリソムノグラフィ検査といいます。頤筋筋電図及び眼球運動・脳波を中心に体動体位・前脛骨筋筋電図から始まりいびき、動脈血酸素飽和度(SpO2)・心電図・呼吸とさまざまなデータを記録いたします。これにより睡眠時の体の状態を検査し、睡眠深度や呼吸、体の循環機能の記録から睡眠時呼吸障害を確認することができます。そのために一泊の入院での睡眠検査が必要となります。入院期間は夕方から朝までですので平日お仕事の方でも日程に無理なく検査を受けることができます。


渡辺病院の各種検査