睡眠時無呼吸検査(PSG)

相馬郡新地町渡辺病院の睡眠時無呼吸症候群検査PSG

渡辺病院の検査診察予約
SAS簡易検査で陽性になった方にPSG検査でさらに詳しく検査
睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)陽性結果の方が対象となります。

 

PSG(ポリソムノグラフィー)検査とは
昼間に眠くなる、目覚めが良くない、いびきが煩いと言われる・・・こんな症状ありませんか? ⇒ SAS(睡眠時無呼吸症候群)の検査を受けていただければと思います。
PSG検査はSAS検査の中でも最も精密な検査で、顔や足にセンサーを装着して一泊入院して行う検査です。
高血圧、メタボリックシンドロームの方がSASになりやすく、心疾患や脳血管障害につながります。
当院で行っているPSG検査はSAS簡易検査で陽性になった方を対象に脳波や心電図、血中酸素を見るためのセンサーを装着して行います。

 

全体の流れ
睡眠時無呼吸症候群検査PSG全体の流れ

睡眠時無呼吸検査(PSG)を受ける前に睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)を受ける必要があります

睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)へ

検査概要

検査項目

気流センサー 口と鼻からの呼吸を記録します
呼吸センサー 胸部・腹部の動作による喚起運動を記録します
いびきセンサー 音測定によりいびきを記録します
体位センサー 寝返りなど睡眠時の体の向きなどを記録します
下肢筋電図 足などからの感覚刺激による睡眠妨げを記録します
パルスオキシメーター 動脈血から無呼吸による低酸素血症を記録します
眼球運動 レム・ノンレム睡眠の記録をします
オトガイ筋電図 あごの動きからも睡眠の深さを記録します
心電図 無呼吸により心拍への影響を記録します
脳波 脳の睡眠の深さを記録します

検査受診について

この検査は睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)を先に受けていただくために、受診の詳しい説明についてはSAS検査後の陽性結果により再受診、検査説明をさせていただきます。まずは睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)をご覧ください。


渡辺病院の各種検査