一般外来/急患のお問合せ
24時間対応

0224-63-2100

整形外科

当科の概要

整形外科の診療範囲は広く、多岐にわたります。治療目的は運動器(骨/関節/筋肉/神経)の失調を正す事です。 近年では、ロコモティブシンドロームの言葉も広く浸透してきていますが、老化による運動器の失調は高齢者の生活レベルを低下させます。「変形性関節症による関節痛」「脊柱管狭窄症による手足のしびれ、痛み」「骨粗鬆症が原因の種々の骨折」これらは、運動能力の低下とともに精神的障害ももたらします。当病院では、診断から治療まで一貫して対応できる体制にあります。
外科的治療では「脊椎手術(除圧術/固定術〜鏡視下手術も対応)」「関節置換術(股関節/膝関節を主として)」「肩関節鏡視下手術」「末梢神経障害に対する手術」「骨折一般手術」これらの治療は高齢者のみ対象となるものでなく、若い世代の患者様にも(スポーツ外傷の関節障害含む)対応しています。更に、リハビリによる後療法もしっかりとカバーできていると自負しています。 難治症例や特殊症例に関しては東北大を初め関連病院と密に連携できる体制にあるのが当科の強みです。

● 受診される方に多い症状
  • 頚部痛、肩こり
  • 腰痛、背部痛
  • 手脚のしびれ、疼痛、病気やけがによって
    手先が不器用になったり、歩きづらい。
  • 背骨の変形
  • 腕や脚、体幹の腫瘤
  • 四肢の神経痛(坐骨神経痛など)
  • 間歇性跛行:歩行時のしびれ、痛み、
    力が入らない。
  • リウマチ(多発関節痛)
  • 肩、肘、手のいたみ
  • あしのつけねの痛み(股関節部痛)
  • 膝痛、膝のぐらつき
  • 手指の奇形、変形
  • 足や足首の痛みや変形
● 主な対象疾患
  • 骨粗鬆症
  • 変形性関節症
  • 関節リウマチ
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 小児椎間板石灰化
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • スポーツ障害
  • 五十肩

診療体制

診療体制はこちらからご確認ください。但し、都合により医師の変更及び休診になる場合があります。予めご了承ください。 来月の診療体制については毎月下旬に更新予定です。

手術実績

担当医師紹介

副院長/整形外科

那須 孝邦

なす こうほう
学会/認定医
日本脊椎脊髄病学会/脊椎脊髄指導医
日本整形外科学会/整形外科専門医
メッセージ
超高齢化社会で、運動器の機能損失は、本人のみならず周囲の人間の負担増にもつながる。整形外科の希薄な相双地区で手術からリハビリまで完結できるシステムを目指す。