消化器内科

 相馬郡新地町渡辺病院の消化器内科

消化器とは口から肛門までの消化管と、付随する肝臓、胆嚢・胆管、膵臓をいいます。
当消化器内科では、その中でも主に消化管疾患を中心に消化器全般の診療を行っています。
当科最大の特徴は、良質な消化器内視鏡診療をご提供することです。内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)は苦しい検査だと考えられている方が多いと思われます。しかし当科では、従来の経口内視鏡より細径である経鼻内視鏡の使用、希望者への鎮静剤の投与、炭酸ガス送気システムによる検査後の腹部膨満感の軽減など、より楽な内視鏡検査をご提供いたします。また、検査後に休むことのできる広いリカバリースペースも確保しております。また、当科で対応が困難な消化器疾患に関しましては、必要に応じ専門病院と連携を取りながら診療に当たらせていただきます。

〜 受診される方に多い症状〜

腹痛、腹部膨満感

胃もたれ、食欲不振

胸やけ、つかえ感

下痢

便秘

血便

〜 主な対象疾患〜

逆流性食道炎

慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ胃炎)・急性胃炎

消化器癌

大腸ポリープ

機能性胃腸疾患

炎症性腸疾患

相馬郡新地町渡辺病院の内視鏡検査について


 

 

相馬郡新地町渡辺病院の消化器内科担当医紹介

渡辺病院/消化器内科 水野 浩志消化器内科

水野 浩志
みずの ひろゆき

学会/認定医
日本内科学会/認定内科医
日本消化器病学会/専門医
日本消化器内視鏡学会/専門医


メッセージ
平成27年4月より勤務しております。諸先生方と比べて若輩者ではありますが一生懸命がんばりたいと思います。よろしくお願いします。


渡辺病院の診療科目

医科(常勤)


歯科(常勤)


一般(非常勤)


一般(非常勤)