臨床工学課

相馬郡新地町渡辺病院の臨床工学課臨床工学技課の紹介

病院内のすべての医療機器が毎日、正常に使用できるように管理し、点検や修理を行っているのが、私たち臨床工学技士です。臨床工学技士はその名の通り「臨床」に携わる「工学」の知識を持った医療職です。

 

それでは私たちが行っている管理点検業務を簡単にお伝えしましょう。
医療機器管理業務
さて、皆さんは医療機器と聞いて、どのようなものを思い浮かべますか?
医療機器は血液浄化療法や人工呼吸療法に使用される生命維持管理装置のようなものから医療ドラマなどでもよく見かける心電図、血圧計などのモニター、点滴に用いられる輸液ポンプ、重大な不整脈時に使用される除細動器など、多種類に渡ります。これらの機器の管理点検業務は大変神経を使う仕事です。


人工呼吸管理業務
人工呼吸器が安全に使用できるよう使用前・後の点検や患者さんが使用中の人工呼吸器も管理し、正常に作動し、正しく使用されているかを毎日点検しています。


内視鏡業務
「胃カメラ」や「大腸カメラ」と言われる内視鏡検査で使用される電子スコープの取り付け、使用前点検や取り外し、洗浄や点検などの管理を行います。
検査によっては、医師の介助をおこなったり、専門的な治療に立ち合い、高周波装置や処置具の操作を行うこともあります


手術室業務
手術中、現場に携わるのは医師、看護師だけではありません。
放射線技師、検査技師など複雑な症例になるほど、多職種のスタッフが連携を図ります。
もちろん私たち臨床工学技士も医療機器の操作やトラブル時の対応を行いチームの一人として立ち会います。


各部門一覧