デンタルインプラント

相馬郡新地町渡辺病院のデンタルインプラント

渡辺病院のデンタルインプラント

渡辺病院 歯科のデンタルインプラント

インプラントとは

デンタルインプラントとは、
失ってしまった自分の歯のかわりに人工歯根を埋め込み人工の歯で噛めるようにする治療法です。


手術の前に診査・診断・CT撮影顎の骨の形態や質、神経の位置などを把握
ノーベルガイド治療コンセプトにより、CT撮影データーとシミュレーションソフトにより患者様ごとの計画的手術用補助器具を準備

渡辺病院のノーベルガイド

 

ノーベルガイドとは

CT撮影データーとシミュレーションソフトを組み合わせて、治療計画をサポートするコンセプトです。手術の前に顎の骨の形態や質、神経の位置などを把握し、安全・安心な治療をサポートします。

また、計画どおりにインプラントを埋め込むために、患者様ごとにサージカル・テンプレート(手術用補助器具)を作成して使用します。


ノーベルガイドを利用したインプラント治療の流れ

1.診査・診断・CT撮影

インプラントを埋め込む顎の形や噛み合わせを診査するため、お口の中の型をとります。
X線を利用して体内の断面図を撮影する技術で、立体的に神経、血管、骨などの様子を把握することができます。
(骨の形や質、高さや幅には個人差があり、骨の中には神経や太い血管が通っています。事前にそれらを把握することで、より安全で正確な治療が行えます。)

 

2.コンピューター上で治療を計画

渡辺病院のノーベルガイド パソコン画面

歯科医師はCT撮影データーから得られた情報をもとに、神経や太い血管を避けながらインプラントの埋め込み位置を計画します。

 

3.治療方法・費用のご説明

歯科医師が、画像をご覧に入れながら治療の計画内容や費用の詳しい説明を致します。

●・・・・・・・・・・・・・・・・●
インプラント費用としては、一本当たり30万円からとなります。
●・・・・・・・・・・・・・・・・●

 

4.インプラント手術

渡辺病院のデンタルインプラント

麻酔をかけて行いますので痛みはありません。治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、サージカル・テンプレートという主にレジン製のガイドをお口に取り付けます。骨を削り、インプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。患者様の骨の状態などによって、術式が異なります。

1回法の場合 2回法の場合

渡辺病院のインプラント手術,2回法の場合
1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付けお口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。

渡辺病院のインプラント手術,2回法の場合
2回法の手術では、一度目の手術の治療期間終了後、粘膜をあけて、大きい蓋に取り替える二度目の手術を行います。

5.仮歯装着

治癒したところで、場合によっては仮歯を作り、実際に使用していただきながら、形態や装着感などを確認します。
かみ合わせや強度に違和感があれば、歯科医師と相談し、本歯の作成に向けてデーターを集めていきます。