暴言・暴力・迷惑行為への 対応について | 医療法人伸裕会 渡辺病院

渡辺病院の暴言・暴力・迷惑行為への対応について

暴言・暴力・迷惑行為への対応について

渡辺病院は地域の皆様に安心して治療を受けて頂けるよう、日々研鑽を積んでおります。皆様のご協力とご理解のもと、コロナ禍にあっても、大きな混乱を招くこともなく診療を続けておりますことに心より感謝申し上げます。

 

しかし、近年一部の患者様による病院職員に対する暴言や暴力・脅迫的な言動が多発し、各地で大きな問題になっております。「患者様の権利」は大いに尊重されるべきことですが、その権利の意味を勘違いして理不尽な要求や暴言・暴力・迷惑行為を繰り返す患者様がいらっしゃいます。このような迷惑行為は病院職員にとって大きなストレスになり、精神的に追い込まれ退職していくケースもあります。


当院は、患者様からのご意見は

真摯に拝聴し、改善すべき点は改善し、
患者様との信頼関係の

向上と保持に努めて参ります。


このような私達の責務を阻害するような暴言・暴力・迷惑行為やハラスメントなどが発生した場合、当院は他の患者様と職員を守るため、退去を命ずる、あるいは警察の介入を依頼する事があることを予めご了承いただくとともに、ご理解とご協力とをお願い致します。

 

令和4年9月 渡辺病院 院長 渡辺泰章