ワクチン接種予診票の可否項目について

お知らせ

相馬郡新地町渡辺病院

新型コロナワクチン接種予診票に接種の可否項目について

 

接種可否をかかりつけ医に事前確認設問

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける際、皆さんがお持ちの予診票に接種の可否について、かかりつけ医に事前に確認したかを尋ねる項目があります。

 

この設問に対して、かかりつけの医師に確認せずに「いいえ」と答えた接種希望者のうち、接種会場で予診医が接種可能と判断したときは接種が可能です。

 

「接種を希望する方が、病状に応じ、受診の際、或いは電話でかかりつけ医師に接種の相談をすることは望ましいと考えられるものの、接種を受ける前に予めかかりつけ医師に接種の可否を必ず確かめることを求めているのではありません」と厚生労働省健康局から令和3年5月28日に事務連絡がありました。

 

「その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいと言われましたか」という設問は「会場で予診をする医師が接種の可否を判断する材料とするための項目」であり、接種に注意が必要な病気や薬の服用の有無の記載から、予診医が接種の可否を判断いたしますので、既に配布された予診票をお持ちの方はそのまま接種会場にお持ちください。

 

※なお、今後配布される予診票からは「かかりつけ医師への事前の確認」の設問は削除されました。


病院紹介一覧